背景と技術

記事掲載日: 2006/06/19
記事管理者
記事更新日: 2013/02/26
記事管理者

車載式塩分濃度センサーの開発背景

車両走行しながら路面上の凍結防止剤の残留塩分濃度(塩分濃度センサー)と路温(路面温度センサー)を
測定することにより、路面情報を路線情報(リモートセンシング)として把握できます。
測定した路温と路面上の残留塩分濃度をリアルタイムに可視化し、凍結防止に必要な塩分濃度を算出することで、
凍結防止剤散布作業の最適化と散布量の削減化(塩害低減)を応援します。





車載式塩分濃度センサーの技術

道路の凍結防止剤散布作業においては、路面上の残留塩分濃度の適時把握は難しい現状にあります。
そこで、以下の2通りの路面情報を表示し、凍結防止剤の散布作業を支援します。
‖定路温での理論塩分濃度(NaCl換算)と実際の塩分濃度を比較表示します。
測定塩分濃度での理論凍結温度(マイナス℃)と実際の路面温度を比較表示します。

車両用モニターの表示例車両用モニターの表示例