背景と技術

記事掲載日: 2006/06/19
記事管理者
記事更新日: 2007/11/01
記事管理者

冬期気象センサーの開発背景


融雪装置の自動運転に用いる従来のセンサーは、降雪感知の有無で動作させるものが主流です。

しかし、降雪量の大きさまでは判別できないため、積雪にならない小雪の場合の過剰な運転や降雪が止んだあとの融雪途中の運転停止が問題になっています。また、凍結事象も判別できないため凍結時は運転できない問題がありました。

そこで、これらの問題を解決するため、降雪および凍結事象を熱収支に基づく熱量単位(J/屐砲之彗するセンサーを開発しました。
このセンサーでは、凍結事象の把握と共に、降雪量や凍結量に応じた最適な融雪運転および凍結防止運転を行うことができるようになります。

当センサーは、ITS(高度道路交通システム)用センサーの他に、降雪計・融雪・凍結・凍結防止センサーとしてご利用できます。

◆説明資料



冬期気象センサーの開発技術



  • 降雪の感知(雪粒子数の計測)
    雪粒子感知専用の光線を雪粒子が遮る状態を感知して、雪粒子の計測を行います。
  • 着雪の感知
    熱量計測盤上に乗った雪で着雪感知専用の光線が遮断されると、着雪状態と判断します。
  • 降雪熱量の計測
    熱量計測盤上に降り積もる雪を融雪し、この融雪に要した電気熱量を降雪熱量として算出します。
  • 凍結熱量の計測
    熱量計測盤を凍結しない温度に保つために供給した電気熱量を凍結熱量として算出します。
  • 熱収支計測による融雪装置制御
    計測された降雪熱量・凍結熱量をもとに最適な融雪制御を行います。これにより合理的な融雪を実現します。