背景と技術

記事掲載日: 2014/10/04
記事管理者
記事更新日: 2014/10/04
記事管理者

水中放射線モニタリングシステムの開発背景


平成23年3月に起きた福島第一原子力発電所事故の結果、環境汚染され、山地・森林域に存在する放射性物質が、降雨や降雪に伴う水の移動で再分布することが予想されます。

特に福島県内に約3,700ヶ所あるダムや湖沼の水底には、3年半の長きにわたり放射性物質が泥とともに堆積し続けていると考えられます。

そこで、ダムや湖沼の水底に溜まった泥の放射線を長期にわたってモニタリング可能なシステムの開発を目指しました。


水中放射線モニタリングシステムの開発技術



無線受信機能付き気象観測一体型放射線モニタ
■ZigBee無線にて水中放射線情報を10分毎に受信
■10分毎に全データをFOMA回線を使用して専用サーバへ転送
■電源は太陽電池、バッテリーを使用。

地上データ中継機
■電源は太陽電池、バッテリーを使い、水中放射線センサに常時電源を供給する。
■ZigBee無線転送範囲は、見通し200mの範囲

水中放射線センサ
■2cc CsIシンチレータ付放射線センサを3台装備
■完全防水仕様のセンサA(水底)、センサB(水底25cm)、センサC(水底50cm)を
等間隔に配置
■上部の浮き(発泡体フロート使用)により水底で垂直に自然自立
■データ転送ケーブル長は、最大50m