製品Q&A

記事掲載日: 2014/10/04
記事管理者
記事更新日: 2014/10/04
記事管理者

水中放射線モニタは、どの様なデータを出力しますか?

一般的に水底泥の放射能の単位として(Bq/kg)で現しますが、本システムは水底泥との距離が不定であり放射能量を換算することはできません。
本システムは基本的にcpm(1分間の放射線検出量)でデータを管理します。データ転送が10分毎ですから、10分間のカウント数をデータとしてグラフ化し推移を確認できます。




水中放射線モニタは、水中で自立するのですか?

水中放射線モニタは、上部の発泡体フロートの浮力と、下部の重りとのバランスにより水底で垂直に自然自立します。垂直に自立しているかどうかを確認する為に、内部に傾斜計を搭載しています。
この特性上、河川などの水流のある所での設置には向きません。この場合、水底にモニタ筐体を固定する必要があります。



どの様なメンテナンスが必要ですか?

気象観測器の雨量計には、落葉やホコリ、虫の死骸などが受水器内に溜まり目詰まりを起こす場合があります。1〜2か月に一度程度の点検を推奨します。





通信手段としてWiFiに対応できますか?

FOMAユニットをWiFiユニットに取り換えることで対応可能です。