背景と技術

記事掲載日: 2014/10/04
記事管理者
記事更新日: 2014/10/04
記事管理者

気象観測一体型放射線センサーの開発背景


気象観測一体型放射線センサーは、原子力災害の環境修復技術の一環として、風雨等の気象状況と空間線量率の関係を解明するため、除染エリア等における空間線量率の推移の確認を長期に渡って実施する測定器として開発しました。



気象観測一体型放射線センサーの開発技術



放射線検出素子は、長期間特性が安定しているシリコン半導体素子を用い、気象観測部は、気温/湿度/気圧/風向/風速/雨量の観測機器を組み合わせています。
観測場所を明確にする小型GPSを装備、GPS時刻を基準に正時通過10分毎の正確な観測を実現しています。
気象、並びに、放射線量測定値は、専用に開発したECUで10分毎に集計した情報を一括してECUのSDカードに記録すると同時にFOMA伝送ユニットへ出力します。
SDカードの情報は、情報伝送しない場合でも数年間の長期記録が可能で分析に利用できます。
情報伝送が欠落した場合でもSDカードに記録が残ります。(画像データは記録しません)
カメラを装備したシステムの場合、観測データ伝送が終わった後に静止画(JPEG)のデータを伝送ユニットへ出力します。